• TOP
  • 借りる
  • 買う・売る
  • 建てる
  • facebook
  • Instagram

事例紹介

融通自在
〈日本人の家の記憶〉

2017.01

  • 15391406160.jpg
  • 15391385490.jpg
    東面外観 軒下空間がシンボライズして、足元ラインの緑化、イセ石の段鼻ライン、洗い出しの床、シラス材外壁が自然体で形作る外観です。
  • 15391405940.jpg
    玄関及び玄関ホール フルオープンの1枚扉(片引戸)の製作家具収納付です。コート掛け、ブーツ掛け、カサ立てが引出し式に組み込んであります。
  • 15391405520.jpg
  • 15391406050.jpg
    下・階段室・和室・リビング・ダイニング・キッチンの24畳大の開放 家族で使う広々空間は、かつての日本家屋のおおらかな開放感を体現させてくれます。
  • 15391405290.jpg
    階段踊り場下のキッチンストッカー 買物帰りの動きを想定すると、玄関・洗面室・キッチンストッカー・キッチンの利便性の高い動きです。階段下の床下を掘り下げて活用しています。
  • 15391390620.jpg
  • 15391406690.jpg
  • 15391406160.jpg
  • 15391385490.jpg
  • 15391405940.jpg
  • 15391405520.jpg
  • 15391406050.jpg
  • 15391405290.jpg
  • 15391390620.jpg
  • 15391406690.jpg
融通自在〈日本人の家の記憶〉
2017.01

環境に配慮した性能の高い家がスタンダードになっている現在、必要な機能を洗い出した上で「家族にとって本当に大切なことは何か」を問い掛けた。その一つの答えが昼と夜の空間演出。昼は自然な光が木の風合いに反射し、ゆったりとした気分にする。夜は必要な場所に必要な明るさを配することで、かつて家族が灯のある炉辺に集まったように、家族が集まる空間にメリハリが生まれ、リラックスした雰囲気とともに互いの親近感を生み出している。


 部屋の間仕切りは自由に開閉が可能。すべての戸を開ければ階段を通じて家中の空気が循環し、家族と暮らす一体感をも感じる。必要に応じ個室にすることもできる。家族が親密に、そして自由に暮らせる家。生活シーンをイメージし、「納得感」を大切にした提案がここにあります。

お問い合わせ

rooms絹川商事 建設部
0762481200 お問い合わせフォームへ