人とまちにHAPPY SMILE!rooms

  • TOP
  • 借りる
  • 買う・売る
  • 建てる
  • facebook
  • Instagram

購入ガイド

住まいについて01

住まいについて、
考えよう。

住まいは、購入と賃貸どっちがいいの?
どっちがお得なの?と
問われることがあります。
例えば支払い面・あるいはグレードなどの
側面を限定した場合には
答えがあるかもしれません。
しかし、「購入or賃貸」の答えは
価値観によるものが大きいと思います。

購入について

  • メリット
    • 自由にリフォームや増改築ができる。
    • 老後も安心して暮らせる。
    • ローンを組んでもやがて自分の資産となる。
    • 自分の城を持ったことで自信と満足感が得られる。
    • 世間的に信用が得られる。
    • 万一の事が有っても、ローンの生命保険で家族の家が確保出来る。
  • デメリット
    • 長期のローンを抱える場合が多いので、急な転勤やライフスタイルの変化や家族構成の変化に対応しづらい。
    • 一度購入すると簡単に住み替えができない。
    • 購入後も毎年固定資産税がかかる。
    • 火災保険料がかかる。
    • 定期的に修繕費がかかる場合が多い。

賃貸について

  • メリット
    • 急な転勤やライフスタイルの変化や家族構成の変化にあわせて自由に住み替えができる。
    • 売買に比べて初期費用が安い。
    • 躯体部分の修繕費用がかからない。
    • 固定資産税がかからない。
  • デメリット
    • いくら賃料を払っても自分の物にはならない。
    • 自由にリフォームができない。
    • 老後も賃料がかかる。
住まいについて02

たくさんある、購入の選択肢

購入するとしたら、一戸建て?マンション?
新築?それとも中古?
それぞれの特徴や良さを知って、
ご自身のライフスタイルに
合うものを考えてみてください。

一戸建て

新築住宅
メリット
  1. 1、最新の型であること 建物の外観や内装・設備等がキレイで最新の型であること。
  2. 2、税制面で優遇措置を受けやすい 条件によって受けられない事がありますが、不動産取得税や固定資産税の優遇措置を受けられる場合が多いです。
  3. 3、保証がついている 平成12年より新築住宅には10年の瑕疵担保責任を付けることを義務付けられています。
    場合によっては第3者保証による10年以上の保証が付くこともあります。
  4. 4、アフターメンテナンスが受けられる 物件によって異なりますが、大抵受けられる場合が多いです。
  5. 5、近所づきあいが新たに始められる 同時期に何棟か建った場合や分譲地などに建築した場合は、近所づきあいが新たに始められるため
    わずらわしくはありません。
中古住宅
メリット
  1. 1、なんといっても価格が安い 地区年数の古い物件なら安く購入ができます。その分でライフスタイルに合わせて自由にリフォームや増改築することで自分好みのマイホームが実現できます。
  2. 2、ガーデニングを楽しめる 庭付きであればお花を植えたり、家庭菜園を楽しむことができます。
  3. 3、車をお持ちの方なら なんといっても駐車場が無料です。2~3台も可能です。
  4. 4、ペットの飼育ができる 大好きなワンちゃんやペットに囲まれて生活できます。
  5. 4、プライバシーを確保し音の問題を気にしなくてもいい マンションと違って上下階の音や振動を気にすることはありません。

マンション

新築マンション
メリット
  1. 1、最新の型であること 建物の外観や内装・設備等がキレイで最新の型であること。
  2. 2、税制面で優遇措置を受けやすい 条件によって受けられない事がありますが、不動産取得税や固定資産税の優遇措置を受けられる場合が多いです。
  3. 3、管理費・修繕積立金が安い場合が多い 一概には言えませんが、中古マンションと較べて安い場合が多いです。
中古マンション
メリット
  1. 1、なんといっても価格が安い 築年数の古い物件なら安く購入ができます。その分でライフスタイルにあわせて自由にリフォームすることで自分好みのマイホームが実現できます。また、同じ予算であればより広い物件を選ぶことができます。
  2. 2、現状を見ることができる 自分がもし、その物件を購入したらどんな生活を送れるかな?送ろうかな?という購入後のイメージがつかみやすい。
  3. 3、リフォームされている場合がある 直近にリフォームされている物件は付加価値が高く価格が安い場合があります。
    最近は、リノベーション住宅というのもあるそうです。
  4. 4、修繕積立金を引き継ぐことができる 新築マンションを購入する際には修繕積み立て一時金(通常20万~50万が多いです)がかかります。中古マンションは購入者がその権利を引き継ぐことができます。
購入ガイド
  • 資金計画を立てよう

    予算を決めましょう。
    住まいの購入に廻せる資金はいくらくらいあるか、
    毎月いくらくらいなら支払えるか等を事前によく考えます。


  • 情報収集しよう

    地域や、価格などのご希望をもとに、最新の情報を効率よく集めましょう。
    そのためには、まず、良い営業マンと出会うことです。
    おそらく不動産は一生のうちで1番高い買い物だと思います。
    不動産の専門家の知識を借りるのが一番です。


  • 現地見学しよう

    気になる物件は、実際に現地で確認しましょう。
    理想の住まい探しにあたっては、優先順位を決めることが大切です。
    周辺環境、立地、陽当たり…
    あなたが一番譲れないことは、何でしょうか?


  • 売買契約締結

    気に入った物件が見つかったら、書面で購入申込みをしましょう。
    申込みは先着順ですので、ここぞという時の決断力も必要です。
    購入が決定したら、重要事項の説明を受けて売買契約へとうつります。
    契約の際には手付金が必要になります。


  • ローン契約

    住宅ローンは各金融機関が扱っていますが、
    金利や融資の条件など内容はまちまちです。
    当社では、お客様が一番有利に融資を受けられる金融機関を選択し、
    煩雑な手続きのお手伝いを致します。


  • 引渡し

    自己資金や住宅ローンなどで残代金の支払いを行い
    所有権移転の手続きと物件の引渡しを受けます。
    購入した物件が一戸建てやマンションなどの建物付であれば、鍵を受領します。
    また土地の売買であれば、測量図などの書類受け渡しを行ないます。

  • 引越し

    憧れのマイホームを買った後、旧住居からの引越しの段取りや、
    新住居への引越しに伴う諸手続きにバタバタします。
    予め予定を踏まえておくと効率よく済ますことが出来ます。


  • アフターサービス

    ご購入いただいてからが本当のお付き合いの始まりです。
    ローンの借入残高に応じて税金還付が行われるローン控除などは
    申告をしないと受けることはできません。
    私たちは不動産を購入した後もローン控除の申請などのお手伝いをしております。


質問

資金・ローンについて

  • 頭金がなくても買えますか?
    原則的にはかなり厳しいですが、場合によってはお客様によって諸費用やリフォーム代金も含めて全額借入れできる場合があります。しかし、毎月の返済金の負担が大きくなり、生活に影響してしまうと、マイホームを購入した意味がなくなるのではないでしょうか?
    当社の考えは、「家は幸せになるためのモノではあるが、家を買うこと=幸せを手に入れることではない」と考えております。無理のない返済計画を立てることがしあわせへの第1歩になると思います。
  • 頭金はどれくらい必要ですか?
    一般的には物件価格の10~20%程度用意できれば安心です。
    購入価格以外にも、税金・ローン事務手数料等が現金で必要となるので、注意する必要があります。
  • 手付金はどの程度必要ですか?
    一般的には売買価格の10%が多いようです。
    契約の条件として手付金を少なくすることは売主さまの承諾があれば可能です。
  • 車のローンなど他に借入があります。住宅ローンを借りることはできますか。
    車などのローンがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮に入れて、住宅ローンの月々の支払いが可能かどうかの審査が行なわれます。車などのローンが多い場合には、住宅ローンの借入額に影響が出てきますので、できれば予め返済しておいた方がよいでしょう。

中古住宅について

  • 中古住宅の場合、リフォーム費用は売主・買主どちらが負担するのですか?
    たいていの場合は現況有姿(そのままの状態)での引渡しとなります。リフォームする場合の費用は買主さまのご負担になります。しかし、最近は売却しやすくするために、空家・空室の物件をリフォームしてからで売却するケースがあります。
    購入した後の費用をおさえられるので見つけたらチェックしてみるといいでしょう。
  • 物件で自殺があったら教えてもらえるの?
    不動産業者は自殺物件であったことを告知する責任があります。万が一知らされなければ、判例にも出ておりますが不動産業業者は罰せられることになります。
    一方、不動産業者が知ることのできなかった正当な理由があった時や、自殺の時期・内容によっては一概に告知できない場合があります。
  • 中古住宅の場合、照明器具やエアコンは付いているのでしょうか?
    原則的には新築分譲時についていたものを除き、売主さまが取り外します。ただし、売主さまが好意で置いていかれる場合もあります。当社では設備については、売主様、買主様のそれぞれのご希望を考慮して「付帯設備表」という書面で、その内容を契約前に確認することになっています。

その他

  • 他社で広告されている物件でも取り扱うことができますか?
    もちろん可能です。他社で取り扱っている不動産物件も同じ条件で取り扱うことができます。
    新聞紙面・チラシ・インターネットで気になる物件がございましたら、ぜひ担当者へご相談ください。
    私たちは不動産を通じて「お客様の想い」をかなえることが使命です。決して売りつけることが目的ではございません。お問い合わせいただければプロの目で客観的に判断し適切なアドバイスをいたします。
  • 徒歩○分って何か基準があるのですか?
    不動産の表示に関する公正競争規約の規定により、徒歩による所要時間は道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出されています。
    ※信号での待ち時間などは考慮されていません。
  • 価格交渉はできますか?
    価格も含めた契約条件は売主様と買主様との間で、調整を行います。価格以外の条件としては、引渡しの時期、引渡しの状態(エアコン等の付帯設備の条件や、リフォームをするしないの条件)などがあります。トータルで条件を調整する中で、価格交渉ができることもあります。ご希望の条件を営業担当者にご相談ください。